横浜で増えている家族葬

葬儀、告別式といった形が、以前とはかなり変って来ているように感じます。それは新聞広告で判ります。その多くは、葬儀修了で載っていることにあります。以前では、これから通夜・葬儀を行なう旨の連絡が多かった訳ですが、今では、葬儀が終わってしまっている訳です。そのことは、身内とかごく親しい人だけで通夜・葬儀を行なったことが判ります。それが家族葬と言われることになるのでしょう。隣人、周囲との付き合いが減ったこともあり、集まってくれる人も少なくなっていると考えられます。そんなことから、身内だけで、静かに取り計らいたいと考えるようになったのでしょう。また、莫大な費用もかかっていた訳ですが、家族葬と言う小さな式にすることで、予算も少なく終わることになります。親しい人だけで、故人を偲ぶことで横浜での家族葬も増えて来ています。

横浜で依頼件数の多い家族葬の特徴

家族葬は、数ある葬儀のプランの中でも、特にシンプルなものとして知られており、派手な葬儀を希望しない遺族からの依頼件数が増えています。横浜の各地の葬儀社においては、経験豊かなスタッフが在籍していることから、様々な目的を持つ顧客に対して、有意義な相談の対応が行われています。例えば、葬儀のおおよその費用の見積りについては、素人にとって分かりにくいことが多くあるため、メールや電話などを通じて担当者に問い合わせをすることが勧められます。大手の横浜の葬儀社においては、リーズナブルな家族葬のプランが評判となっており、比較的自由に日取りを決めることができる点が魅力といえます。家族葬のメリットやデメリットに関しては、それぞれの遺族の価値観によって大きく異なりますが、定期的に各葬儀社の取り組みを調べておくことが望まれます。

横浜の友人と家族葬という選択

横浜にいる友人は、昨年、おばあ様を亡くされました。葬儀は、おばあ様が生前に望まれていた通り、家族葬という形を選んだと、後になって聞きました。年齢を重ねるにつれ、葬儀に出席する事も多くなりますし、そういった話題も身近になるものですが、家族葬という言葉は知っていても、実際に経験したことがなく、どこか他人事のように感じていました。けれど、友人の話を聞き、少しずつでも、事前に取り決めをしたり、準備をしておくのは、とても大切なのだと考えさせられました。人によって、葬儀と言うものの捕らえ方や感じ方というのは違いますが、少なくともどちらか一方のためのものではなく、見送られる者、そして、見送る者の両方のために行われるものではないでしょうか。最期の一時を家族のみで過ごすというのは、多くの人に見送られるのと同等以上に贅沢なものだと感じます。